気持ちよく働くために

介護業界は参入者が多い一方で離職率も高く、高齢化社会で需要が増していながら人手不足というのが現状です。生活援助だけなら資格を所持していなくとも働くことはできますし、仕事をしながらヘルパーの資格取得をする人も多く、必要最低限のものは思っているよりも簡単に得ることができます。
資格を有しておけば将来的に安定できると考えて取得を目指す人が増加していますが、業務とは別の問題で辞める人も多いです。
介護業界に限りませんが、仕事を続けるために大切な要素のひとつが人間関係で、介護というのは対人サービスですから、お客様である要介護者やその家族はもちろん、同僚とも良好さを築ければ居心地が良くなり続けやすくなります。
しかし理解していても実現するのは難しく、悩みになっている人もいるかもしれません。人間関係を良好にするためには難しく考える必要はなく、まずは笑顔を作る、そして挨拶をするといった行動から始めてみるのがいいでしょう。コミュニケーションが苦手な方でも、笑顔を作る、挨拶をするくらいならチャレンジできるはずです。
人間関係を良好にしたい場合、待っているだけではなく自分から積極的に行動するのも必要です。心の中で仲良くしたいと思っていても、不愛想に見えていては意味がありません。自分から歩み寄ることで人間関係を良好にすることができて、結果として居心地が良くなり長く働きたと思える職場になります。自分から行動する、これが大切です。仕事を楽しむために、まずは仕事仲間との関係を楽しむ方法を知っておきましょう。

2018年6月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930