ヘルパーの仕事で重要なのは2つの人間関係

ヘルパーとして仕事を円滑に進めるためには、良好な人間関係を維持することがとても重要です。人間関係を構築しないままでも問題はありませんが、何かトラブルになってからでは遅いので、しっかり意識しておきましょう。
具体的には2つの人間関係がポイントになります。それぞれに異なる特徴やポイントがあり、仕事に与える影響も異なるのです。
まず、ヘルパー同士の人間関係は、気持ち良く仕事を進めるために重要な役割を果たします。この関係が悪くなると、自分が困っている時にサポートしてくれる人がいなくなってしまう可能性もあるのです。施設によって、担当する要介護者数や担当フロアなどは大きく異なります。担当が決まっていても、様々な要因の影響で、自分一人ですべてをこなせない時がありますよね。その場合は同僚のサポートが必要になるのです。他の同僚も同じ状況にあり、誰か困っている同僚がいる場合は積極的にサポートすることが求められます。日頃から、コミュニケーションを図り、ヘルパー同士の絆やサポート体勢をしっかり構築しておきましょう。
そして、利用者とヘルパー間の人間関係も重要です。この関係がうまくいっていないと、お互いがストレスを抱えながら接することになります。例えば、入浴や排泄の介助などはとてもシビアな問題です。自分が信頼できないヘルパーにやってもらうのは苦痛に感じる場合が多くなりますよね。
したがって、担当になった利用者との人間関係は、介護スキルを高めることと同じくらい大切なポイントなのです。

2018年2月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728